デジタル部門キャリア採用特設ページ

事業を知る

お客様の“いつも”を支える
真の防災対策
産官連携による業界初の防災DX

真の災害対策のために、データを活用した新たな防災・減災サービスを提供

東京海上日動は損害保険会社として、被害状況の早期把握や迅速な保険金支払いを通じ、お客様の生活再建を支援する役割を担ってきましたが、生活再建は自然災害対策の一部に過ぎず、真の災害対策という観点では不十分だという課題認識がありました。そこで、60年にわたり防災科学技術の研究を行い、災害対策に強みをもつ国立研究開発法人防災科学技術研究所と包括連携協定を結び、Iーレジリエンス株式会社を設立しました。社会のニーズに合わせ、データを活用した新たな防災・減災サービスを提供していきます。

防災科研の研究開発成果と東京海上グループのリスクデータやリスク予防ノウハウを活用

Iーレジリエンス社は、防災科研が創出する防災関連の情報・研究開発成果と、東京海上グループが有する様々なリスクデータやリスク予防ノウハウを活用し、「レジリエントDX事業」「レジリエント教育事業」「レジリエントライフ事業」の3つを柱として展開しています。東京海上グループは、防災科研の有する独自の研究開発成果を活用し、保険商品のアンダーライティング、保険料算出の基礎となるリスクモデルの高度化に向けた検討を行っています。また、ゲリラ豪雨・落雷・雹などの極端気象の発生予測モデルなどの研究開発成果を活用した新たな保険商品・新規サービスの開発も目指しています。

ニュースリリース

その他のニュースリリース