数字で見る
東京海上日動

創業から142年、世界46ヶ国918の地域に拠点を構え、いざという時の「そなえ」を提供する東京海上日動。そこにある歴史、戦略、成果、規模など、さまざまな数字とファクトから、東京海上日動のいまと未来を紐解きます。

カードにカーソルを合わせる、もしくはタップするとそれぞれの情報をより詳しくご覧いただけます。

創業から140年、世界240箇所に拠点を広げ、いざという時の「そなえ」を提供する東京海上日動。

  • 140年前の
    イノベーション

    1879年(明治12年)8月1日、日本初の保険会社として当社の前身である東京海上保険会社が誕生。商法の制定よりも先に具体的な定款を作成するなど、本格的な株式会社の先駆け的な存在でした。

  • 43,260通りの
    多様性

    東京海上日動の従業員数は単体で17,176人。グループを含めれば43,260人にのぼります。出身も経歴も異なる人材が集まり、あらゆるお客様と向き合い続ける。この多様性こそが、変革への原動力です。

    (※)2021年3月31日時点

    232拠点のネット
    ワークで
    お客様を守る

    国内の損害サービス拠点は業界トップクラスの232ヶ所(※1)。いつでもどこでも、お客様の「いざという時」の役に立つために、10,700人(※2)ものスタッフが全国各地で 活躍しています。

    (※1) 2021年4月時点 (※2)2020年7月時点

  • 年間2兆2,613億
    円の信頼

    2020年度の正味収入保険料は、国内保険会社トップレベルの年間2兆2,613億円。2020年までの中長期計画以上の成長を実現しました。お客様に信頼され、選ばれ続けるために、持続的な成長に繋げていきます。

    3%→46%の
    変化対応力

    急速なグローバル化を見越して早くから海外展開を進め、2002年時点では3%だった海外保険事業の利益比率は2020年には46%に達する見込み。約20年で15倍にまで成長させる変化対応力も、東京海上日動の強みです。

  • 地球規模の
    保険ビジネス

    先進国はもちろん、アジア諸国や南米、南アフリカなどの新興国でも事業を展開。世界46の国と地域に918ヶ所(※)もの拠点を構え、地球規模のグローバルネットワークであらゆる市場での成長を実現します。
    (※)2021年3月時点

  • 事業ポートフォリ

    の黄金比

    140年以上の歴史の中であらゆる変化に対応し続け、築き上げた事業ポートフォリオ。地理的・事業的なバランスに優れた「黄金比」とも言える構成比、国内54%:海外46%(※)は、収益の安定化と資本効率向上を実現しています。
    (※)2020年度利益構成比

  • 日本一だからこそ
    分かる
    世界の広さ

    時価総額4兆2,039億円。国内保険会社では日本一でも、世界規模で見れば13位。 No.1のバークシャー・ハサウェイとの差は52兆円以上。圧倒的なスケールを前に、私達の挑戦はまだまだ続きます。

    (出典)ブルームバーグ(2019年9月13日現在)

    保険料+1.3兆円/リスク量-0.2兆円

    過去4年間(※)で保険料(正味収入保険料+生命保険料)は+1.3兆円もの持続的成長を続ける一方、2,000億円ものリスク量の軽減に成功。保険料の増大にリスク量が比例しないのは、事業ポートフォリオの分散を徹底し、リスクコントロールに成功しているからです。
    (※)2014年度・2018年度比較

  • 飛躍の可能性は
    新興国にあり

    東京海上日動は、市場規模が大きく成長を見込める新興国に着目し、事業を戦略的に展開。フィリピンで1位、南アフリカで2位、タイで3位など各国で高いシェアを獲得し、2018年度はマーケットを上回る+11.9%もの成長率を実現しました。

  • 業界トップクラス
    の社員評価4.15

    国内最大級の社員クチコミ数を有する、転職・就職のための情報プラットフォーム 「OpenWork」における総合評価スコアは4.15(※)。OpenWork発表の「働きがいのある企業ランキング2021」では14位に選出されました。

    (※)2022年1月18日時点

OpenWorkは国内最大級の社員クチコミ数を有する、転職・就職のための情報プラットフォームです。