東京海上日動

グループロゴ

キャリア採用情報

部門紹介

キャリア採用情報 > 部門紹介

営業部門(国内)

営業には、主に2つの業務があります。まずリスクコンサルティング。お客様のさまざまなリスクを分析し、ニーズを把握して、最適な保険商品を提供していくとともに、事故を未然に防ぐための提案も行っていきます。もう一つが販売網の拡充・強化。お客様と直接の接点を持つ代理店のレベルアップを図り、販売力を強化するために代理店のサポートを担当しています。
営業は、担当する分野により3つの部門(パーソナル・コマーシャル・ディーラー)に分かれています。

◎パーソナル営業部門
地域ごとに所在する企業や個人のお客様に対して、代理店を通じて保険の提供を行います。
◎コマーシャル営業部門
業種単位で大企業を担当し、企業代理店とともにコンサルティング営業を行います。
◎ディーラー営業部門
自動車メーカーやカーディーラーをお客様、もしくは代理店として担当します。

営業部門(海外)

海外での営業は1879年(明治12年)の創業の翌年に始まり、すでに一世紀以上の歴史を持っています。現在「TOKIO MARINE」の名は“The best security in the world”と形容され、世界中のお客様から絶大な信頼を得ています。海外拠点数は38ヵ国・地域、483都市に上り、現地スタッフ数は約22,000名と、日本の保険会社の中でも最大規模の海外オペレーションを展開しています。

損害サービス部門

事故報告の受付から保険金の支払までを担当し、事故の迅速、円満な解決に向けたサービスを提供します。弁護士、医師、公認会計士、税理士などの社外ブレーンと連携して、レベルの高い損害サービスを提供しています。また豊富な事故データをベースとした事故防止策の提案を営業と連携して行っていくのもこの部門の役割です。損害保険はカタチのない商品。保険商品の品質を決定づけるのが損害サービスであり、損害保険会社の質はこのサービスで決まると言っても過言ではありません。

商品開発部門

社会の変化に伴ってリスクは変化し、新しいリスクが生まれます。お客様のニーズを的確に捉え、タイムリーに対応していくための商品開発力は、当社の優位性の1つ。また、単に商品を開発するだけでなく、その販売戦略から収支状況の調査分析、これに関わるシステム開発までを担当します。

営業支援部門

営業支援部門の役割は、マーケット動向を的確に捉えた営業戦略の策定、営業体制・販売体制作り、営業部門に対する各種サポートを行うことにあります。その業務の範囲は、マーケットごとの基本戦略の策定から、さまざまなエキスパーティーズを備えた人材の育成や情報インフラの整備といった基盤作り、さらには販売促進ツールの作成など多岐にわたっています。

資産運用部門

安定的な保険金などの支払に必要な資産の健全性と、より大きな資産収益の達成を目的として、債券、株式などへの投資や貸付を行っています。損害保険会社の資産は保険金などの支払の原資となるため、「安全性」や「流動性」に十分留意することはもちろん、営業部門と並ぶプロフィットセンターとして、高い「収益性」も追求しています。

IT部門

社内ネットワーク・代理店ネットワーク・各部門バックアップのための新システム開発計画の企画・策定、新しいビジネスモデル・サポートのためのシステム企画、ITを活用した付加価値創造プロセス策定のための各種システムの活用推進・運用業務を担っています。

一般管理部門

広報・人事・総務など、本社機能としてのスタッフ業務を担っています。

  • トップページ
  • 人事メッセージ
  • 経営戦略
  • 部門紹介
  • FAQ
  • サイトマップ
  • 募集職種一覧
  • エントリー
  • キャリア登録
  • キャリア登録とは
東京海上グループ キャリア採用サイト